COLUMN

もっと女性が活躍できる建設業を目指して

国土交通省土地・建設産業局

─建設業界は業界を挙げて女性の更なる活躍を歓迎し、もっと女性が活躍できる産業に生まれ変わります。─

もっと女性が活躍できる建設業を目指し、8月22日、太田国土交通大臣と建設業5団体のトップが会談を行い、5年以内に女性倍増を目標に掲げた「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を官民共同で策定しました。行動計画では、「女性の活躍が、更なる女性の活躍を生む『好循環』へ導く」としています。今回は、この行動計画を柱とした女性活躍への取組について説明致します。

 

topics5_zu1

【建設業における女性数の現状と目標】

 

 

「もっと女性が活躍できる行動計画」

建設業においては、高齢化の進行、若年入職者の減少という構造的な問題が発生しています。女性が活躍できる現場環境の整備等の取組は、性別・年齢問わず担い手の育成・確保という課題に相応の効果をもたらすものです。このため、女性の更なる活躍を建設業の国内人材育成・確保策の柱の一つに位置付け、官民一体となった行動計画を策定することとなりました。

行動計画は、(1)建設業の門戸をたたき、入ってもらうための「入職促進」、(2)入職した人が継続して働き続ける「就労継続」、(3)やりがいをもって、いきいきと働くための「更なる活躍とスキルアップ」の三つのステージに応じた取組とともに、(4)建設業における女性の活躍の姿を広く発信する「情報発信」を柱に掲げています。この行動計画策定を機に、官民一体となった取組をスタートしました。

 

topics5_zu2

【行動計画ポイント】

 

 

行動計画を受けた取組

国土交通省の取組としては、例えば、女性技術者の登用を促すモデル工事や、トイレや更衣室など女性が働きやすい現場の労働環境の整備の推進を行っています。また、教育訓練施設に女性専用の宿泊棟の整備を予定するとともに、優秀施工者「建設マスター」について、10月に過去最高の女性5名を国土交通大臣表彰しました。さらに、地域における女性人材の育成・確保のネットワークを支援する事業について、平成27年度の概算要求中です。

業界の取組としては、例えば、一般社団法人日本建設業連合会においては5年間で女性倍増等の目標を掲げ、女性が活躍する「なでしこ工事チーム」の登録制度等を開始しています。また、11月には、一般社団法人全国建設業協会が現場環境の改善等を議題とした女性の活躍フォーラムを開催しています。

「情報発信」については、9月末に女性応援ポータルサイト「建設産業で働く女性がカッコイイ」が開設されました。活躍する女性の姿や現場の声、業界や行政の取組等を広く発信していくので、ご活用いただきたいと思います。

(http://genba-go.jp/know/woman/)

 

topics5_zu3

【行動計画による取組事例】

 

 

女性を応援するトップメッセージ

国土交通省では、8月に太田大臣が女性が活躍する建設現場を視察・激励するなどトップメッセージとして女性活躍を応援しています。また、9月には、建設業で活躍する女性が安倍総理大臣を表敬訪問し、激励をいただきました。さらに、10月に決定された「すべての女性が輝く政策パッケージ」においても、建設業における女性活躍への支援が位置付けられています。

国土交通省と建設業界は引き続き一丸となって更なる女性活躍の推進に取り組んでいきます。

 

p13_1

【太田国土交通大臣による現場視察】(8月20日)

p13_2

【安倍総理大臣表敬】(9月9日)

 

 

出典:内閣府男女共同参画局 http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2014/201412/201412_07.html

 

コラム一覧へ